0円太陽光「ほっとでんき」を導入してみた

前回の投稿から早4年。

一昨年に結婚し、昨年は家を買い、そして今年は第一子が生まれました。変わりましたねぇ。

今回は、昨年買った家に太陽光発電システムを設置したことを簡単に紹介します。

申込みに至るまで

太陽光設置のきっかけとしては家を買ってから太陽光の営業が2,3社きたこと。

環境がー、お金がー、雨漏りがー、とかはさて置いて単純に太陽光みたいなシステムは好き。

まぁそんなことで営業はお断りして自ら調べ始めて見つけたのが、

「ほっとでんき」

PPAモデルと呼ばれる太陽光ビジネスモデルサービスの1つで、

簡単に言えば

「無料で太陽光設置するけど○年間は太陽光で発電して使った分の電気代も払ってもらうし、

売電で得るお金ももらうよ。」と言ったとこでしょうか。

「ほっとでんき」には10年契約と20年契約の2プランがあり、

契約中は設置した太陽光の恩恵は受けられませんが、停電時は発電した電気を無料で使用できますし、

メンテナンス料も無料です。契約満了後無償で自分の物となります。

また、電気代は東京電力の一般的な料金より10%、20%割安に設定されています。

電気料金の詳細は以下に公開されています。

電気料金プラン定義書(https://hotdenki.jp/pdf/hot/solar_rate_conditions-201001.pdf)

私は10年契約を選択しました。

早く太陽光を自分の物にしてみたいという興味、

太陽光を実費設置する場合、元を取るのに10~13年くらいかかるというお金の面、

子供も生まれたことから、災害等での停電時の対策の1つを無料で付けられるのも大きい。

ということで、設置することを決意。

懸念点としては、審査があると言うこと。

ほっとでんきとしても無料で設置して儲けを出さなきゃダメですから、

ある程度の屋根の広さは必要だということでしょう。

原則として東京電力エリアで4.5kW以上、中部電力エリア、関西エリア、九州電力エリアでは5.0kW以上の容量の太陽光パネルの搭載が条件

https://hotdenki.jp/faq.html

特に広い家じゃないのでまぁダメだったらそれは仕方ないと言うことで。

申込みから設置工事まで

ほっとでんき公式サイトではなく代理店のサニックスのサイトから申込みました。

得体の知れた会社の製品が付いたら良いなという思いからですが、

どっちでも一緒だったのかも知れません。

8/6:商談

家に来てもらいました。

正直、いろいろ調べて申し込むことを決めている私には不要でした。

屋根の図面コピーと過去一年の電気料金の明細書を用意しておき、渡して終わり。

メールだけでも済んだのかも。

図面的に設置可能ですかね、と聞いたらギリギリいけるんじゃないかと思いますとの返答。

8/10:現調

屋根の上と、屋根裏、風呂・脱衣所の分電盤回りを現調していきました。

仕事が入ってたので妻が立ち会い。結果は夕方に営業さんから電話でもらいました。

ギリギリ設置可能とのこと!

8/12:Web登録

ほっとでんき運営会社から契約申込URLがメールで届きました。

パスワードの登録、クレジットカードの登録ができました。

ログインしてみると以下のような情報が見られました。

太陽光の容量4.44kWと記載があります。

8/17:工事説明

現調結果をまとめた資料で工事の説明を家で受けました。

設置するパネルは「SRM370M-60H」サニックスのサイトにも載っていて想定していた物でした。

今年1月に販売開始したものらしい。

これが南面に8枚、東面に4枚の計12枚載るとのこと。

370W×12枚で4440Wなので4.44kW。一致しましたね。

年間発電シミュレーションは5116.6kWh

屋根の角度が30°なのは太陽光的にはベストに近いので4.44kWでも良しとなったのかも。

驚いたことに今月中に設置工事をしたいとのこと。ノルマ的なのもあるのかな。

工事までは数ヶ月かかる認識でしたが早い分には良いので了承。

8/28:設置工事

朝9時から工事スタート。

足場が必要な場合は前日に足場設置するとのことでしたが足場無しでやってました。

ほっとでんきのパワコンは屋内につくと何かで見た気がしましたが屋外タイプでした。

なので、停電時に使える非常用コンセントだけを脱衣所に設置。

工事は18時近くまでかかりました。工事完了後より太陽光の運用開始です。

ちなみに電力会社が切り替わるのは発電所としての申請?(数ヶ月かかる)が通ってから。

つまり、それまで売電は出来ないけど自己消費する分には太陽光の電力を無料で使える。

言わば10年後の契約終了後の状態ですね。

現在、電力会社はエルピオでんきを使用しており、電力消費状況を見てみると…

太陽光設置日前
太陽光設置日翌日(日中曇り)
太陽光設置日翌々日(日中晴れ)

家電の使用状況が違うので単純に比較は出来ませんが、日中賄えてますね。

ま、電力会社切り替わったら気にする必要はないですけどね。

ちなみに先に上げた定義書には中途解約時の料金も記載されています。

太陽光プラン定義書(https://hotdenki.jp/pdf/hot/solar_rate_conditions-201001.pdf)

参考に、4.44kWを導入した場合の計算してみると、

契約後解約金
0年経過¥1,047,840
1年経過¥943,056
2年経過¥838,272
3年経過¥733,488
4年経過¥628,704
5年経過¥523,920
6年経過¥419,136
7年経過¥314,352
8年経過¥209,568
9年経過¥104,784
10年経過¥0

普通に設置するよりも安い・・・?

ともかく、良心的な値段と言えるのではないでしょうか。

ちょっと様子見て中途解約も視野に入れてみようかな。

 

今回はここまで。

正式に電力会社が切り替わった後、ほっとでんきマイページの情報がどんな表示なのか、

次回記事にしてみようと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください